これまで大変なだけだった発達凸凹育児が楽しくなりました!

発達障害・グレーゾーンの子どもを育てるママのための学びと交流の場所「発達凸凹アカデミー」

子どもが伸びる、
子育てが楽になる。

子どもが伸びる、子育てが楽になる。

発達凸凹アカデミーは、いつまでも泣き止まない、学校や園に行きたがらない、落ち着きがない、食べない・・・ といった、日常的な悩みを親が自分で解決できるようになれる場所です。

その方法を開発した講師は、療育や栄養の専門家であり、実際に発達障害・グレーゾーンの子どもを育てている現役のママたち。

誰にも相談できずに1人で悩みを抱えていた方、あらゆる療育を試したけれどもうまく行かなかった方も、

「ひどかった癇癪がなくなった」
「親子関係がよくなり、子育てが楽になった」
「園や学校で褒められるようになった」

多くの方が、そんな子どもの変化を実感しています。

“先輩ママ達”は強い味方。
発達障害・グレーゾーンの
子どもへの支援方法

同じように発達障害・グレーゾーンについて悩みを抱えながらもプラスへと変えていった心強い先輩ママ達の事例集や、
実際の支援方法を学べる講座の体験動画を見ることができます。どちらも無料なので、まずはチェックしてみてくださいね。

事例集・無料体験動画を見てみる(紹介ページへ)

事例集・無料体験動画を見てみる

子育ての悩みは人それぞれ…
でも大丈夫!
たくさんのママ達が集まる発達凸凹アカデミーだから、
自分に合った方法が見つかります

発達障害やグレーゾーン、子育てに悩む全国のたくさんのママ達が集まる発達アカデミーでは、
段階や目的にあったコミュニティや学べる場所を用意しています。
同じ悩みを持つ方たちと情報交換がしたい!という方は「ランチ・座談会」への参加を、
子どもを伸ばす方法を知りたい!しっかり学びたい!というママには「子どもの発達支援講座」がおすすめです。

どちらも参加する方のほとんどが初めての方ばかり。
「話すのが苦手」「人見知りがひどい」「何から相談していいかもわからない」といった方もたくさんいますが、
みなさん「1人じゃないって思って安心した」「もっと早くこういった場にいけばよかった」
「先輩ママの話に希望が持てた」「今日からがんばろうって思えた」・・etc、

最初の一歩を踏み出すことで、不安と焦りでいっぱいの毎日を、安心と希望に変えています。

ランチ・座談会

発達障害・グレーゾーンの子どもに関する
悩みを持つママ達の交流会

子どもの発達支援講座

発達障害・グレーゾーンの子どもへの支援方法を学べる

私も発達障害の子ども
を育てています

伊藤真穂

2014年横浜にて現役ママの専門家を呼び親向けのセミナーをスタート。2017年には資格も取りながら体系的に学べる発達凸凹アカデミーを設立。オンライン含めこれまで全国500名以上の親御さんに学びの場を提供。
横浜市在住。中3、小3の男子の母。

はじめまして。発達凸凹アカデミー 主催の伊藤真穂です。

我が家の小3の次男は現在、特別支援学級に通っています。
次男は5歳ぐらいまでほとんど発語がありませんでした。現在も通常の子供に比べて発達に遅れはあるものの、日常生活で特に困っていることはありません。
そんな私も子供が小さいときは、不安と焦りでいっぱいの毎日でした。「この子はいったいどうなってしまうんだろう?」「もっと私にできることがあるんじゃないか?」と・・。できない息子を叱っては、親としてダメな自分を責める日々でした。そして子供をなんとかしたいと、あらゆる療育や施設に通いました。
でも、本当に子供を伸ばすのは、親が子供に何が起きているのかをしっかりと理解し、子供の心に寄り添う支援をしていくことだということに気づきました。
実際多くの方がそのことに気づいていても、家でできることや悩みを解決する具体的な方法を知れる場所はありませんでした。

そんな「ママと子供のために必要なもの」を集めたのが、この発達凸凹アカデミーです。

発達凸凹アカデミーは、発達障害・グレーゾーンの
子どもをもつママ達を支援しています

発達凸凹アカデミーに参加した
ママ達の声

  • 藤田英子さん

    これまで大変なだけだった発達凸凹育児が楽しくなりました!

    藤田英子さん

    子どもが2人とも小学校の支援学級に通っています。2人の子育ては本当に大変で、最初は自分が子どもたちとどう関わっていいかわからず、困っていました。アカデミーで学んだことは一時的な、その場しのぎの対処法ではなく、長いスパンで見た子育てに重要な要素がたくさんつまっていました。自分もインストラクターになって実際講座を開いてみて、診断の有無や、グレーゾーン、定型発達とか関係なく、どんなお子さんにも使える内容だと実感しました。これからは「効果的な支援策」を広めつつ、ママの心の在り方、マインドを整えていく部分も伝えていきたいです。

  • 井上法子さん

    すぐに実践できて、確実に効果がありました。

    井上法子さん

    子ども(中3,小2)を理解したくて講座を受講しました。ウチの子は診断を受けた訳ではないのですが、小さい頃から癇癪、こだわりが強く、ぶつかり合うことばかり。発達凸凹の特性、対処方法を学べば、お互いにラクになるかと思い、受講しました。具体的な支援策、食事療法、タッチケアすべてが、日々の生活の中ですぐに実践でき、確実に効果があったので、本当に受けて良かったです。また毎回一緒に学ぶみなさんとのご縁が出来たことも、嬉しかったです。
    この感動を過去の自分のような方々にも伝えたくてインストラクターになりました。

発達凸凹アカデミー 講師紹介

  • おうち療育アドバイザー 浜田悦子

    おうち療育アドバイザー
    浜田悦子

    支援員として2,000人以上の親子に関わってきた実績と自閉症スペクトラムの息子を育てている経験から、ママが ‟おうち” でできる療育を提案しています。

  • 発達障害専門管理栄養士 小林浩子

    発達障害専門管理栄養士
    小林浩子

    2015年よりフリーの管理栄養士として活動。中学生の娘は超・偏食。栄養士としての自分を責めた時期もありましたが「自分ではどうにもならない偏食がある」ということを理解し、家族が幸せになる食卓を提案しています。

  • タッチケアセラピスト 藤森史子

    タッチケアセラピスト
    藤森史子

    タッチケアセラピスト(小児上級・自閉症・NICU・小児がんetc)として医療機関で講習を行っています。タッチを通して発達凸凹の中学生の息子といい関係性を保っています。脳や皮膚感覚という視点から理論的にタッチケアの良さを伝えています。

発達凸凹アカデミーで悩みを解決して、
充実した時間と楽しい毎日を手にいれませんか?
たくさんの先輩ママと共に、
参加をお待ちしています。

PAGE TOP
PAGE TOP