インストラクター養成講座「食事療法」のご感想

発達障害専門の管理栄養士 小林浩子先生による

インストラクター養成講座「食事療法」(※2019年より「偏食と食事療法」に変更)のご感想をまとめました。

こんな内容です
  • 発達障害の食事療法とその効果について
  • 腸と脳の関係
  • 添加物についての基礎知識
  • 発達障害の子どもに必要な栄養素
  • 長くゆるく続けるメリットとコツ
  • 市販のおすすめおやつ・・他

 

とてもわかりやすく、自分の食生活を又見直すきっかけにもなりそうです。和食のスゴサも実感できました。
受講生とのシェアで色々なアイデアを聞く事が出来て勉強になりました。
改めて腸内環境の大切さを知って、まだ知らない人たちに広めるためにまだまだ未熟だけど
自分ができることをやっていきたいです。
ありがとうございました。
講座の内容の組み立てがよかったです。発達の凸凹の子は食事が基本中の基本だと思っているので、今日の内容はぜひお伝えしたいと思っています。別の講座で、かなり厳しい食事制限を教えてもらったことがありますが、続けるのが経済的にも時間的にも長く維持するのが大変でしたので、ゆるくてもつづけられることが良いという事で、受講生の方もハードルを低くしてはじめられる講座だなと思いました。
まずは受講者の層の広さに驚きました。受講目的はさまざまですが、シェアしながらの進行のため
情報共有できてよかったです。
今日は受講できて本当に良かったです。
私が納得!できたように、受講生の方たちにもお伝えしていきたいと思います。
私自身も、小麦を食べることで、どんどんうつになっていく感覚を持つこともあります。摂取した方が良いオメガ3やビタミンB6について知ることができて、意識してとるようにしていきたいです。
「発達障害だから」ではなく、食を大事にすることは自分を大事にすることと感じます。くくりにこだわらない、とらわれないで、たくさんの人たちとこの講座のメッセージを伝えていきたいと思います。
ありがとうございました。これからよろしくお願いいたします。
今日はありがとうございました。とても分かりやすかったです。
テキストもカラーで表紙も中身もきれいで、すごく良いなと思いました。
食事療法の厳しい制限とゆるい制限のメリット、デメリットがわかりやすく良かったです。(ついストイックになってしまう人が多いと思うので。ゆるくても良いと知ると、ホッとできてやってみよう!と思う人が増えると思います。)
本日はありがとうございました。
発達障害が食事で改善できるという視点は、昨年発達凸凹アカデミーで受講し、とてもおどろいた内容です。実際食事療法で子どもの困った症状が改善された体験も持っていますので、腸と脳のつながりの大切さ等たくさんの方に伝えていきたいと思いました。
内容もりだくさんだったので、しっかり復習したいと思います。

今すぐ真似できる事例集 無料プレゼント

~毎日が楽しくなったママたちがやってみたこと~

ママたちは、いったい何をしたのでしょうか?

具体的な対策事例をご紹介します。真似できることは、たくさんあります。