10年間の悩める引きこもり主婦から、ママ講師へ転身!外に出る勇気の一歩の大切さ。

こんにちは!発達凸凹アカデミー 主催の伊藤真穂です。

ここでは、自分の子育てに悩み家に引きこもっていた時代から、長い時間をかけて少しづつ前に進み、今ではママたちのために講座を開くまでになった、現役ママたちのストーリーをご紹介します。

0期生 井上法子さん

法子さんと初めてお会いしたのは、当時私が自宅で開催していたカラーセラピスト養成講座でした。

その頃の私は、カラー講師をしながら発達障害についてブログやセミナーで情報を発信していました。

でもそのセミナーなどに、
『知っていたけど、行く気にもなれなかったんです・・』とおっしゃっていたのが印象的でした。

『本当に辛い時は、学びに行く気力さえ無いんです』

まだまだ同じ気持ちの方、たくさんいますよね。

診断のつかない苦悩

当時、法子さんのお子様は小学校高学年。
発達障害という診断はされてないものの、その育てづらさに幼少期から悩んでいたそうです。

「何かおかしい」
「何か違う」と感じながらも、

診断がつかないため、公的な支援もありません。

親も子も中途半端な状態がとても苦しい、いわゆる「グレーゾーン」の子どもたちです。

通常級に通えるため、悩みを共有する相手もいません。

『子どもがこうなのは、自分の子育てのせいだ』

自分を責めながら、孤立しがちなグレーゾーンのママたち。
法子さんも同じでした。

私がお会いした時は、
『本当に、先月まで家にいたんです!』と言っていました。

2016年の秋のことです。

ずっと先だと言っていたのに・・

その後の法子さんの変化は、周囲も目を見張るものでした。

出会って1年後の2017年には、凸凹アカデミーの0期生をまとめて「ママフェス」を主催するまでに。

その後、発達障害のみならず、親子のコーチング講座のインストラクターになるまでに、学びを深めていきました。

今では、子育てに悩むママたちに向けてブログで発信したり、講座を開いたり・・・・

私がお会いしたときは、

『今すぐじゃないけど、5,6年後には、自分と同じように引きこもっているママたちの支援をしたいな・・』ぐらいの感じでしたが、2年も経たないうちに、動きだしていました。

いざ「支援する側になりたい!」と思っても、

いったい何からどうしていいものか・・わからないのは当然です。

法子さんも、いろんな壁にぶつかりながらも前に進んできました。

そして、
2018年10月に子どもの発達インストラクターになりました。

これからも、子育てに悩むたくさんのママたちをつなげる、架け橋となってくれることを期待します!

インタビュー

そんな法子さんに、発達凸凹アカデミーで学んだことについて聞いてみました。

Q1 発達凸凹アカデミーで学んでみようと思ったきっかけは?

子どもを理解したかった!というのが、受けようと思った1番の理由です。ウチの子は診断を受けた訳ではないのですが、小さい頃から癇癪、こだわりが強く、ぶつかり合うことばかり。発達凸凹の特性、対処方法を学べば、お互いにラクになるかと思い、受講しました。

Q2 実際に学んでみていかがでしたか?

具体的な支援策、食事療法、タッチケアすべでが、日々の生活の中ですぐに実践でき、確実に効果があったので、本当に受けて良かったです。また毎回一緒に学ぶみなさんとのご縁が出来たことも、嬉しかったです。

Q3 子育てに悩むママたちへのメッセージ

いろいろ心配ごとは尽きないけど「ママも子どももだいじょうぶ♡」です。発達凸凹ちゃんのことって、なかなか相談できずにひとりで抱えがちですが、最近では相談できる場所が増えたように感じます。

悩んで辛い時には、外に出る勇気の1も大事。

10年間悩める引きこもり主婦だったワタシの結論です。

井上法子さんのブログはこちら
子どもと自分を責めてしまうママに安心感を♡

子どもの発達アドバイザー養成講座についてはこちらから

今すぐ真似できる事例集 無料プレゼント

~毎日が楽しくなったママたちがやってみたこと~

ママたちは、いったい何をしたのでしょうか?

具体的な対策事例をご紹介します。真似できることは、たくさんあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です