インストラクター養成講座「偏食と食事療法」1日目のご感想

発達障害専門の管理栄養士 小林浩子先生による
インストラクター養成講座「偏食と食事療法」のご感想をまとめました。

偏食と食事療法1日目

1日目の内容

  • 発達障害の食事療法とは
  • 食事療法の効果
  • なぜ食事療法なのか
  • 食事療法の基本の流れ

ダイジェスト動画

「偏食と食事療法」の一部を80秒で体験!

参加者のご感想

テキストがとてもきれいで見やすくて感動しました。
今後、一度は食事療法を試してみたいなと思える内容でした。
次回も楽しみにしています。

今回食事療法について知る事が出来て良かったです。
腸と脳は互いに情報を受け取ったり伝達したりする働きがあるので、 体と心の状態を健康に保つ為に腸内環境を整える事は発達凸凹の子に限らず誰にでも必要なことだと感じました。
これからの1週間で、まず自分がパンを減らすことから実践してみたいと思います。

今まで食事療法を全く取り入れていなかったので、具体的な事が分かりすごく勉強になりました。
知らないって怖いなぁと感じました。
便秘も酷いので、腸内環境を整える事を意識して少しずつ食事を変えていきたいと思います。
炭酸ジュースに入っている砂糖の量を確認できるペットポトルのデモ講座は、分かりやすくて良かったです。

講座を受けたあと、パンや麺類をゆるく減らしました。
息子は今となってはかなりの確率で朝に便通があるようです。
腸内環境が整ってきているのではと感じています。

初日からかなり濃い内容でしたが、腸内フローラや消化吸収の関係など自分の知識の間違い等知ることができました。
未消化のものは吸収されないと思っていたら、未消化のまま吸収されてしまうから体に悪いなんて目から鱗もののお話でした。
じっくり復習して、理解を深めたいと思います。

オンラインで受講させて頂きました。
娘がお腹の調子で日々つらそうなのとまた、私も長年胃腸で苦しんできた事もあり、興味を持って受講しとても勉強になりました。
腸内環境が何故大事かということを色々な角度から教えて頂き、納得できました。
セロトニン、脳腸関係、リーキーガット症候群の話と、豆知識として書いてくださっていることを含め、腸内環境の大切さの理解を深めることができました。
参考資料の色々な検査があることにもとても驚きました。
中でも遅延型フードアレルギーというのは考えてもいなかった視点でした。
2日目3日目も楽しみにしています。

脳腸相関に大変興味を持ちました。
腸の状態は脳の状態に影響する事が分かって、そういえば、と思い当たる節もあり、食事の大切さを実感しました。
食事を安易に考えず、一食一食大切にしていこうと改めて思いました。

【無料体験】今すぐわかる!かんしゃくを無くす方法

  • 泣きわめく
  • 暴れる
  • ひっくり返る・・・etc

「大きくなれば、おさまるだろう・・」は勘違い。
二次障害にならないための正しい対処法が今すぐ学べる 発達凸凹アカデミーの無料体験講座

簡単なLINE友達追加だけで今すぐわかる!
↓↓↓↓

友だち追加