インストラクター養成講座「効果的な支援」2日目のご感想

おうち療育アドバイザーの浜田悦子先生によるインストラクター養成講座「効果的な支援」2日目が2019年10月3日(木)に行われました。

効果的な支援策2日目

2日目は皆さんが気になる性の問題、勉強のこと、障害告知など、「子どもの発達支援講座」では学べない深い話をお伝えしました。

2日目の内容

  • 刺激と過敏は関わり合っている
  • ABCメソッド(ABA:応用行動分析)
  • スモールステップの概念
  • 読み・書き・聞く・記憶につまずきがあったら?
  • 幸せな大人になれる性教育
  • 子どもが動く!絵カード(視覚支援)基礎知識
  • 発達凸凹の子どものための感情の理解とコントロール
  • 障害告知について考える

ダイジェスト動画

「効果的な支援策」2日目を90秒で体験!

ご感想

まだまだ家で出来ること、いっぱいあるなと感じました。
そして、皆さんそれぞれ悩み、でも学んで実践している姿を見せていただき、とても励みになりました。私自身も一進一退しながら、学び実践しママたちにお伝えしていきたいと感じました。

二日目の講座は特に具体的な内容で、とても勉強になりました。
私は元小学校介助員ですが、どの内容ももっと早く知っていればと思うことでした。小学校で今まで対処してきたことのなかに、少し違った、足りなかったということが多かったと思います。

なかでも、「性教育」と「感情の理解とコントロール」については、学校で先生方もどうすることが本当の支援になるのか、常に悩んでいたことでした。

「性教育」については、どんな年齢の子でも、行動や性に対して否定せず、原因をよく観察して対処していくことが大切だとわかりました。対処法についてもよくわかりました。

子どもを犯罪者にしないサポートを、多くの人に伝えていきたいと思いました。

「感情の理解とコントロール」についても、学校でよくトラブルになる事柄です。ネガティブな感情を共感、代弁していくことで、お子さんがネガティブな感情を感じてもいいと思い、その感情を味わいつくすことで癒されていく。そしてその感情を理解できるようになることで、他の人の感情が理解できるようになっていくこと。このことをわかった上で対応していくことは、対応する側の心にも安心がうまれると思いました。

「効果的な支援策」をたくさんの人に知っていただきたい!とより強く思いました。

2日目はさらに掘り下げた内容を学べて良かったです。
性の問題や障害告知の問題等、色んな問題があるのだと勉強させてもらい、さらに学びたいと思いました。
そして娘の今までの事を思い出し、困っていたことなどわかってあげられず、無理させたりしてしまったなと気づいたことがありました。 過ぎてしまったこともありますが、これからの事の中にも活かしていくためにももっと学び続けたいと思いました。

今回の研修を受け、今までかなり間違った対応をしていたことに気づくことができました。例えば、スケジュール表にしても、母親サイドから、これをやってほしいという要求から作っていたので、なかなかうまくいかなかったのですが、研修を受け、作成時の注意点を参考にして作ると、びっくりするくらい自発的な行動を引き出すことができました。
やはり何となく聞きかじったことを、何となくやってみるのではなく、それをすることの意味をしっかり理解した上で、利用しないと効果がでないのですね。
またこれまで共感をしながら、つい余計な励ましをしていたことにも気づくことができました。
研修を受ける度に、知識も増えていくのですが、何より気づくことができるようになり、とても貴重な体験となっています。

今回の内容は性教育や障がい告知など、盛りだくさんでかつ重要な部分が多く、濃いものになっていました。
どれもそれぞれが大切な内容でしたが、支援の根本にあるものは子供をよく観察することだと思いました。
観察する視点が間違っていると適切なかかわりが持てず、一方通行の思い込みや間違った共感につながってしまう。 そうならないための視点や声掛けを学べました。

絵カードのお話。 【まずは3枚くらい作る。そうじゃないとうまくいかないから。 】には、まるで自分のことを言われているかのようでした。

息子が10歳になり、性教育に関して今後きちんと話していかないといかないなと思っていたので、性を否定しないこと、親がきちんと学ぶことがとても重要だと教えてもらえてよかった。
口には出さないが悩んでいる親は多いと思うので紹介してもらった本を読んで勉強したいと思います。

長女は中2支援級在籍です。 高校の進路選択も始まりました。 特別支援学校高等部に行く場合(就労に特化した高校)は 本人の、障害受容が必須です。
告知はしてませんが、支援級在籍や、学校見学を通して娘ながらに他者との違いに気づき初めているようです。
娘なりに感覚的にわかっているのに、親の私の方が娘の障害受容ができてないことに、気づきました。
娘のためにといろいろ療育や学びなど、障害について理解していたつもりでしたが、 今なお、自分軸を模索してます。

考えるきっかけ、 ありがとうございました。

今回の講座の中で特に性教育については最近気になっている事柄でした。 息子の年齢が10歳(4年生)ということもあり、今知っておくことが出来たのはとてもいいタイミングだったように思います。
対処法や伝え方を間違ったり、本人が間違った知識を持つことの怖さはあるなと思いました。

悦子先生がおっしゃってたように、成長していく上で避けては通れない道なので、まずは私が恥ずかしがらずに性教育と向き合って子供に大切なことを伝えていくことができたらな、と思いました。
「幸せな大人になれる性教育」とても素敵な言葉ですね。
自分のことも、そして女の子のことも大切に出来る男の子に成長して行ってくれる事が願いです。
感情の理解とコントロールについては、NGな声かけ、どれもついやってしまいそうなものばかりですよね。 共感の正しいやり方と共感の大切さを改めて感じることが出来ました。

障害告知については本当に難しい問題で、でもどうしたらよいか悩んでいる親御さんは本当に多いと思います。 今回、このような形で学ぶことができたのはとても参考になりました。 ビデオでの受講ということで、皆さんとシェアをすることは出来ませんが、色々な事例をお聞きすることができ、とても参考にさせて頂いております。 ありがとうございます。

【無料体験】今すぐわかる!かんしゃくを無くす方法

  • 泣きわめく
  • 暴れる
  • ひっくり返る・・・etc

「大きくなれば、おさまるだろう・・」は勘違い。
二次障害にならないための正しい対処法が今すぐ学べる 発達凸凹アカデミーの無料体験講座

簡単なLINE友達追加だけで今すぐわかる!
↓↓↓↓

友だち追加