神戸にて子どもの発達相談会を行いました

2019年7月4日に兵庫県神戸市にて【子どもの発達相談会】を行いました。

講師はおうち療育アドバイザーの浜田悦子先生。 発達凸凹アカデミーでは子どもの発達支援講座「効果的な支援策」の講座の開発者でもあります。 

インストラクター1期生も含め、大阪、明石、神戸など名の方が来てくれました。

神戸相談会

相談内容の一部

学校の先生が子どもを理解してくれない。サポートブックなども作って説明しても活かされず、伝わらない。子どもも体調が悪くなるし、現状を全く理解していない。先生へ要望を伝えるにはどうすればいい?

浜田悦子先生
先生にもプライドがあるから、こちらから頭ごなしに要望を伝えるのではなく、まずは先生の話を聞く。先生との信頼関係ができれば要望も伝えやすい。感情でいくとうまくいかないので、統計やメモで交渉する。事実は何かを書き留めておくといいですよ

学校に行かない中2のお兄ちゃんを持つ、小4の妹について。「お兄ちゃんはずるい、自分もがんばりたくない。」と言う。お兄ちゃんを見たくないというが、お兄ちゃんはリビングにいたいからどうしても目に入る。きょうだいの気持ちをどうフォローしてあげるのがいい?

浜田悦子先生
大人になった当事者の人の経験談で、その方は長男だったんだけど弟たちが学校に行っていることに罪悪感を感じていた。そして、みんながうちに帰ってくるのが嬉しかったそう。家庭のルール(ハードルの高くないもの)を作ってみたり、よく話し合ったり。どっちもうまくは難しいから、お互いに話をしてもらうのも1つの方法かもしれません

参加した方のご感想

いろいろな地域のひとと話せてよかったです。
お悩みを共有できてよかったのと、今後自分がもつであろう悩みをきけてよかった。勇気づけられました。
正解はないんだな、いろいろやってみようと思いました。皆さんそれぞれ、いろんな状況があるんだなと。理想ばっかり求めないでいこうと思いました。。

神戸の皆さまありがとうございました!

その他の相談会のご感想はこちらから

最新の相談会予定はこちらから

【無料体験】今すぐわかる!かんしゃくを無くす方法

  • 泣きわめく
  • 暴れる
  • ひっくり返る・・・etc

「大きくなれば、おさまるだろう・・」は勘違い。
二次障害にならないための正しい対処法が今すぐ学べる 発達凸凹アカデミーの無料体験講座

簡単なLINE友達追加だけで今すぐわかる!
↓↓↓↓

友だち追加