発達凸凹アカデミー

発達障害を学んで、活かす

発達凸凹アカデミー 1期生スタートしました

September 11, 2017
124 views

9/7(木)より第1期生がスタートしました。

0期生同様、28名でスタートです。

まずは初日、おうち療育アドバイザー浜田悦子先生による「効果的な支援策」

・「かんしゃく」「パニック」「脱走」など、子どもの困った行動はどうして起こるの?

・それぞれの「困った!」にどうやって対処していけばいい?こんな時、どうすればいい?

・「効果のない支援」と「効果的な支援」

などなど・・

ワークや質問などを交えながら、あっという間の3時間でした。

発達凸凹アカデミー

初回なので、皆さんまだまだ緊張気味でしたが、回を重ねるごとに和んでいただけたら・・・と思います。

ご感想

今日はありがとうございました。毎日子どもとすごしていると、どうしても視野や世界がせまくなり考え方もかたよってしまいがちなため、このような場にきてみなさんの話をきくだけで、新しいヒントになったり、自分自身の気持ちの整理になると思いました。
また、困ってしまう行動が起きた時に、良いと思っていた事が逆効果だったり、悪いのかな?と思う事が効果的だと気付いたり、自分でも毎日の生活に取り入れていきたいと思うことがあったり、参加してとても良かったと思います。
これからは焦らずゆっくりと子供に寄り添いたいと思いました。

参加して本当に良かったです。子どもの発達の悩みを話す友人・ママ友が身近におらず、一人で困っていることが多かったのですが、今日参加されている方たちの考え、困り事、子どもとの関わり方などをお聞きし、皆さんも同じだ!と勇気をもらえました。
先生の講義はとてもわかり易く、ご自身の体験などをお話して下さり、質問にもお人柄が感じられる暖かな解答で、気持ちがほっとしました。
頑張りすぎず、子どもと向き合っていこうと思います。

一人でずっと相談したり話したりする事もなく悩んできましたが、同じように悩む方と共感共有できる時間がありがたく、また、対処方もわからず親子で苦しい日々でしたが、今後支援をしていく道のり中でお互いに過ごしやすい方法があるんだと希望が持てました
一部をダイジェスト版でまとめました。
70秒間ですが、これだけでも学ぶことがあるかと思います。