食事療法

体の中から変えていく

食事療法とは?

発達障害という”症状”として出ているものを軽減するために、食事からのアプローチで子どもの生きづらさを改善するための療法です。

✓体の根本からのアプローチ方法がわかります
✓発達障害の食事療法に関する実践的な知識が身につきます
✓食事への意識が変わり、自分自身の不調も改善されます

受講生の感想

1期生
まずは自分で実践してみたところ、お腹のハリ(膨張感)がなくなり、寝起きがよくなりました。甘いものへの欲求が減り、体が軽くなり、気持ちも前向きになったのが嬉しいです。
1期生
講座で習ったことを意識して1週間、7歳の息子の癇癪が減った気がします。便通もよくなりました。
1期生
グルテンフリーというと、大変なイメージがありましたが、出来る所から、出来るだけをチャレンジしたいと思 います。おかし作りも、すぐに出来てびっくりしました。 毎日、出来ることを続けていければいいんだ!と安心しました。

開発者紹介

発達障害専門管理栄養士 小林浩子先生

子どもの偏食にも詳しい小林浩子先生が、ママが家庭で取り入れやすいようにアレンジして伝える、ゆるく長く続けられる食事療法をまとめた講座です。

講座の内容

・無理なく続けられる食事療法とは?
・腸内環境を整える
・日本の伝統食とグルテンフリーの効果
・発達障害の子どもに必要な栄養素
・小麦粉を使わないお菓子づくり(実技)

詳細

◎受講料:¥8,000(税込)
※会場受講のみテキスト付
◎受講方法:会場受講 又は ビデオ受講
◎”子どもの発達アドバイザー”修了証をご希望の方は、3講座を受講後レポート提出

会場での受講を希望の方はこちら

ビデオ受講をご希望の方はこちらから