【グレーゾーンランチ会】浦和にて行いました

2019年9月20日(金)に浦和にて【グレーゾーンのお子様を持つママのためのランチ会】を行いました。

浦和ランチ会

4名と少人数でしたが、1人1人のお悩みをじっくり聞くことができました。
今回は年長さんから小学4年生までのお子さんが中心で、就学に関することや勉強面のお悩み、感情のコントロールについてなど、皆さん共通するお悩みも多かったです。

相談内容の一部

普通級に通う過敏の強い小学校3年生の女の子です。学習面が遅れていて、自信がなくなっている。学校では頭が痛くなると言っている。硬筆に力をいれている学校で、特にそれが苦手の様子。メンタル面も含めどうフォローしてあげればよいでしょうか。

浜田悦子先生過敏があると耳が痛くて、頭痛と感じる子もいます。硬筆はたくさんの集中力が必要なので、凸凹の子にとっては苦痛でしかないから苦手な子も多いです。可能であれば学校で1行やって、後は家でお母さんが手伝ってあげる。苦手は回避し、メンタル面は共感でフォローしてあげてください。

普通級に通う小2の男の子です。夫が子どもを理解してくれず、子育ての意見が合いません。どうしたら私の話を聞いてくれるでしょうか。

浜田悦子先生
こういったランチ会や相談会では、毎回話題にのぼるお話です。特に息子さんだと男性同士ということで認めたくないですよね。男性は権力のある人の話には比較的耳を向けてくれます。「医者の◯◯先生がこう言っていた」とか「専門家の◯◯さんの話だとこうするといい」とか。ママの話だとどうしても感情的になりやすいので、第三者からの意見として伝えると、聞いてくれやすいですよ。

悩んでいるのは1人ではない

「もういろいろありすぎて、何から話していいのやら・・」という皆さん。
美味しいものを食べながら、たくさんお話をしてスッキリできましたでしょうか。

今回はお子さまの年齢も近く、1人のお悩みが皆さん共通でヒントになったかなと思います。
「同級生の親や、ママ友にどう話すか?」という、周りに凸凹ちゃんがいないグレーゾーンの親御さんならではの悩みもありました。
こうやって同じ悩みを共有できる相手が近くにいるというだけでも、安心しますよね。

グレーゾーンのランチ会は2020年も定期的に行います。
是非、いらしてくださいね!

浜田悦子、伊藤真穂
浜田悦子、伊藤真穂

 

今すぐ動画で学べる無料講座