BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ご感想
  4. 【夫の育児への関わり方】グレーゾーンのママのためのランチ会@渋谷でした

【夫の育児への関わり方】グレーゾーンのママのためのランチ会@渋谷でした

こんにちは!

発達凸凹アカデミー
伊藤真穂です。

先週末に渋谷にて
【グレーゾーンのお子さまをお持ちのママためのランチ会】を行いました。

皆さん初対面で、
最初は緊張してましたが、
(私が一番緊張していたのですが・・)

帰る頃には、
もうずっと前からの知り合いのように、

私と悦子先生が帰った後も、
1時間近くお店に残っておしゃべりしてたそうです^^

お子さまの年齢

お子さまの年齢も様々で、未就学児〜20歳まで。

  • 小5と小1の女の子
  • 年長と3歳の男の子
  • 20歳(女性)と高2(男子)
  • 小2と年中
  • 小3と年中

主な話題

・かんしゃくの対処法について
・きょうだいゲンカ
・ママ自身の気持ちの持ち方
・地域の支援について
・子どもの感情表現について
・学校の先生への説明とお付き合いのコツ
・夫の関わり方

・・・などなど。

その他、

「小学校5年生の娘に、
何をしても怒られる。

ひたすら耐えているのが辛い。

アドバイスしても怒られ、
反応しないでいると
”なんで黙っているの!”と怒られる。

”何がそんなに嫌なの?”と聞いても、

”お母さんの顔がいやだ!”
”お弁当の中身がいやだ!”

と言われる。

とても悲しいんです。」

そんな具体的なお話もたくさんありました。

お母さんの気持ちを思うと、
本当に切ないですよね。

悦子先生が、

それぞれ2つのパターンの
対処法を提示して、

「まずは2週間やってみる」

結果がでたほうを、
継続していく。

そんなアドバイスでした。

夫の育児への関わり方

一番盛り上がったのは

「旦那さんの育児への関わり方」でした^^

・子どもをみてくれない。
・その場しのぎの対処をするから、
あとでしわ寄せが自分にくる
・自分の大変さをわかってくれない
・非協力的!

などなど・・・

最近はイクメンなんて、

旦那さんが協力的な話ばかり
取り上げられるから、

「うちだけなんじゃないか?」って悲しくなりますよね。

今回はたまたま、
旦那さんが同じようなタイプのが方が
そろってて(笑)

終了後のご感想には、

「”夫が非協力的な家庭は、
我が家だけではなかった!”と、
共感だらけの話題で盛り上がり
心が軽くなりました。」

そんな言葉もありました。

皆さまからのご感想

今日はありがとうございました。
私は、子供がかわいいと思えず母親として最低だなーと思っていました。
でも、同じように思っている方がいること、それがわかってとても安心しました。
こんなにも共感できる人たちがいるのだということ、こういう機会に会えて良かったです。

またよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

今日はランチ会ありがとうございました。

点心ランチ美味しくてお得でした
うちはもう子供も大きいので参加を躊躇っていましたが思いきって参加して良かったです。

娘は思い通りに予定が進まないと癇癪を起こす事が多くつい私も同じパターンにはまってイライラして大きな声を出して長引く事が多くなっていて疲れていましたがまた改めて娘の気持ちに共感してみようとおもいました。
ランチの後もゆっくりおしゃべり出来て気持ちをリフレッシュ出来たし、情報交換や発達家族(特に夫)あるあるで盛り上がったりして楽しかったです。
やっぱり自分を楽しませる事や気分転換大事ですね。
これからも悦子さんの伊藤さんのブログ楽しみに読ませて頂きます。ありがとうございました。

日曜日は素敵なランチ会を企画くださりありがとうございました。

色々な想いがあって、まだまとめきれていないのですが、発達凸凹の子を子育てしているお母さんたちは、特別な結束力があるなぁ、と思いました。

初対面でまだ出会って1時間も経ってないうちから、昔から知り合いだったように、意気投合して話せるあの感じは、日頃から必死に子育てしているからこそなのかもしれない、と思いました。

主人に怒ってみたり、子供と喧嘩してみたり、自分に後悔してみたり、思考錯誤してみたり、ネット検索しすぎてよく分からなくなってみたり。皆さん、色んな気持ちを持ちながら、日々生活していて、それをあの場で共有できたことで、さまざまな想いが昇華してくれた気がしました。(あのあと、15時過ぎまでみんなでワイワイ話しました。笑笑)

でも、あの環境があったのは、やっぱり浜田さんと伊藤さんが、偉ぶることなく私たちのところまで降りてきてくださって、「私たちも昔はそうだったのよ〜。」「今も全然完ぺきじゃないですよ〜。」とおっしゃりながら、あたたかいフラットな雰囲気を創り出してくださったからこその、結果だとしみじみ感じています。

浜田さんの経験豊富なさまざまなアドバイスや、伊藤さんの沢山のお母さんたちと出会ってきたからこその意見は、心にどれもじんわりと沁みました。

お忙しい中素敵な機会を作ってくださり、本当にありがとうございました。

また効果的な支援策の講座でもどうぞよろしくお願いします!

私のメンタルが下がり切っていて、この状態を自分でどうすることもできなかったので、ランチ会をきっかけに持ち直すことができた気がします。

それと、食事の大切さを実践者である悦子先生の生の声を聞くことができ、良かったです。

自分のメンタルの崩れは、めちゃくちゃな食生活からきているので、改めていきたいです。

私は残念ながら、あの後子どもと節分に行くという約束があり、あまり時間がなかったので、少し話をして帰ってしまいました。

みんなそれぞれ大変な思いをしているんだなと思いました。

それから、皆さんの話を聞いていると、少しずつ子供が成長していると感じました。
昔大変な思いをしていたことも、良くなってきたこともたくさんあるなと。

こんな機会があれば、また参加したいです。

また、ブログもメルマガもいつも参考になります。
これからもよろしくお願いします。

その節は、ありがとうございました!
悦子先生と真穂先生、そして参加者の皆さんと時間がオーバーするほど、たくさんのお話ができて良かったです。
お料理もすごく美味しくて、幸せでした^^

我が家はグレーゾーンの娘が今春に就学を控えておりますので、
すでに小学生以上のお子さんがいらっしゃる方のお話や、
都内各区によっての支援方法の違い、病院によっての診断の違い、
悦子先生にアドバイスいただきました就学先に提出する資料の書き方など、
知りたかった情報や、悩み事の意見・情報の交換でき、大変参考になりました。

特に、『グレーゾーンの子の子育てについて、配偶者の協力がどのくらい得られているのか?』
という疑問に対して各ご家庭の状況を知り、
「夫が非協力的な家庭は、我が家だけではなかった!!」と、
共感だらけの話題で盛り上がり、心が軽くなりました。^^;

普段、グレーゾーンの子供に対する悩みを当事者同士でお話する機会がなかなか無いため、
今回のような交流の場は救われます。

我が子の年齢が上がるにつれ、新たな悩みが発生すると思いますので、
また参加させていただきたいと思いました。

こんな風に、

おうち療育アドバイザーの
浜田悦子先生がまるっと相談にのってくれる
「子どもの発達相談会」

今年はこうやって、
たくさんの方々に直接お会いしながら、皆さんと一緒に、
前に進んでいきたいと思います!

子どもの発達相談会

関連記事