子育てサロン「マカロン」を開催しているメンバーにインタビューしました

埼玉県入間市で月に一回開催している子育てサロン「マカロン」。

マカロンのスタッフは全員、インストラクター養成講座を修了した子どもの発達インストラクターです。

今回は3名のスタッフのうち、インストラクター2期生の丸けいこさんと、高橋祐子さんにお話を伺いました。

活動を始めたきっかけを教えてください

丸けいこさん

お母さんが気軽に話せる場があったらいいなという想いがずっとありました。

お子さんに発達凸凹があると、公園や公共の場に行きづらい方もいると思います。
そんな親子が孤立せず集まれる場所を作りたいと思って活動を始めました。

高橋祐子さん

インストラクター養成講座の受講中から、「周りのママのためになにかやりたい」という話をけいこさんとしていました。

それから少し時間はあきましたが、今年の5月ころから具体的にどんなこをするかの話し合いが始まり、活動がスタートしました。

活動を始めるまでにどんな準備をしましたか?

丸けいこさん

まずはスーパーや美容院、公民館などに直接行ってチラシを置いてもらえるように地道にお願いしていきました。

駅や公園の掲示板にも貼ってもらえることになりました。

高橋祐子さん

サロンの場所をどこにしようかと考えている時、私の職場の支援センターにチラシを持って行ったんです。

まだ会場が決まっていないという話をしたら、支援センターの場所を貸してくれることになったんです。

初回の開催はいかがでしたか?

丸けいこさん

初回は1組の親子が参加してくださいました。

ママがマカロンに求めていることと、こちらのサポートにずれがないように、チェック形式で答えられるアンケートを最初に記入してもらいました。

自由に遊びたいというのが一番の目的でしたが、コミュニケーションをとっていく中で育児の悩みも少しお話してもらえたのがよかったです。

高橋祐子さん

発達凸凹の子を連れていると、ママはどこに行っても気を張っているんじゃないでしょうか。

だからマカロンはママが肩の力を抜いて気軽に遊べる場にしたいと思っています。

遊んでいる途中でお子さんがかんしゃくを起こしてもいい、入口まできたけど入れなくて帰っても大丈夫、
そんな「安心して遊びにこれる場」を作りたいというのが一番の想いです。

お子さんに対してはもちろんですが、「ママのサポート」に軸足を置いています。
それは「ママがママを支えていく」というアカデミーの考えが私たちにも強くあるからだと思います。

活動をしていて感じていることを教えてください

高橋祐子さん

活動を広めるためにいろいろと動いている中で、たくさんの方と出会えたり繋がれたのがすごく嬉しかったです。

最近は地元との繋がりを持てるように、障害者施設に挨拶に行っています。
その中で勉強会の会場を提供してくれると言ってくださるところがあったり、発達障害当事者のママとの出会いがあったり・・

そのママに「自分もマカロンに行っていいか」と聞かれたんです。
今までは「発達凸凹育児をしているママ」向けということしか考えていませんでしたが、そういった当事者の方が気軽に話ができる場も必要なんじゃないかなと気づきました。

私たちが知らないお話も聞くことができるし、子育て中のママにとっては子どもの未来を考えるきっけになると思い、是非来てくださいとお伝えしました。

今後はどのように活動をしていきますか?

丸けいこさん

できるだけ気軽に参加してもらえるように、イベントをやろうと考えています。

ヨガができるインストラクターを呼んだり、就学先を選ぶときのポイントを伝える講座などをやろうかなと企画しています。

高橋祐子さん

活動をしていく中ではがんばってやらなきゃいけない部分はもちろんありますが、メンバー全員にとって無理のない範囲でやることを意識しています。

この活動を長く続けていきたいと思っているので、お互いに言いたいことを言い合える環境にしています。

スタッフにとってもマカロンが安心な場所であることを大事にしていきたいです。

インタビューを終えて

お二人から素敵な想いをたくさん聞くことができて、胸が熱くなりました。

祐子さんが最後に「私たちの活動を見て、自分たちの地域でもやってみようと思ってくれる方がいたら嬉しいです。」と話していました。

マカロンのような活動が全国に増えていったらいいですね。

子どもの発達インストラクターは講座を開催することが全てではなく、このような子育てサロンを作るなど、ご自身に合った活動をしていくことができます。

マカロンの情報はこちら>>

【無料体験】今すぐわかる!かんしゃくを無くす方法

  • 泣きわめく
  • 暴れる
  • ひっくり返る・・・etc

「大きくなれば、おさまるだろう・・」は勘違い。
二次障害にならないための正しい対処法が今すぐ学べる 発達凸凹アカデミーの無料体験講座

簡単なLINE友達追加だけで今すぐわかる!
↓↓↓↓

友だち追加