INTERVIEW

アカデミーで学んだ皆さんの声

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 必要とされている方に食事療法をお伝えしていきたい

インストラクター
福留淳子さん

必要とされている方に食事療法をお伝えしていきたい

インストラクター養成講座を受講してみようと思ったきっかけは?
今後、自分が活動しやすくなるように、知識を確実なものにする為に、受講することは必要だと思いました。
インストラクター養成講座を受けてみて、ベーシック講座で学んだ時と、どのような違いがありましたか?
ベーシック講座で学んだ時には食事療法についての知識がなく学ぶことだけで精一杯でしたが、インストラクター養成講座ではすでに自分で食事療法を実践していたので、より深く食事療法を理解することができました。また、学んだ知識をどのようにつたえていくのかも、勉強になりました。
自分がベーシック講座を開講するにあたって、一番困ったこと、悩んだことはどのようなことでしたか?
食事療法の小林先生からのアドバイス・テキスト・開講までのスケジュールなども細かくサポートしていただいていたので、とても困るというようなことはありませんでした。
ですが、学んだことを分かりやすく伝えるという部分では、悩みました。
自宅での開講だったので、ボードに資料を貼ったりして、工夫してみました。
実技のお菓子作りでも、受講者の皆さんが上手く作るためには、どのようにサポートすればよいのか?など考えることもありました。
実際に開講してみて、どうでしたか?
食べ物を扱うので衛生面や環境整備など気をつけながらの準備になりました。

当日はとても緊張しました。

時間配分通りに進めていけるのか、
受講者の皆さんの反応など、気になることは沢山ありました。

時間的にも予定通りに終わり、お菓子作りも受講者の皆さんが上手く作り終えた時には、ほっとしました。
反省すべき点もたくさんありましたが、講座を始めたときにはなかったはずの自信が、少し持てたように思います。

『できるかできないかではなく、
やるかやらないかなのだ!』
と、思えるようになりました。
この先、どんな活動をしていきたいと思いますか?
今後は食事療法をお伝えしていく活動をしていきたいと思います。

それには、学び続けることも大切なことだと思います。

インストラクター資格を取得後も学びながら、必要とされている方に食事療法をお伝えしていきたいです。
福留さんが受講した、
子どもの発達アドバイザー ベーシック講座(食事療法)を開講できる講座は【子どもの発達インストラクター養成講座です。

集客や講師としてのスキルも同時に学べるので、経験が無い方も安心してくださいね。