体験講座 募集スタート

以前の私のように一人で全てを抱えて孤独なママに『あなたはあなたでいいんだよ』と伝えていきたい

こんにちは!
発達凸凹アカデミー 伊藤真穂です。

2018年10月にスタートする『子どもの発達インストラクター養成講座

初の開催を前に、ベーシック講座を受講した生徒さんお2人に、モニター受講をお願いしました。

インストラクター養成講座を受講した後、ベーシック講座の開講まで、行ってもらいました。

 

講師経験のない主婦であるお2人が、どうやって講座を開くまでに至ったか・・・

そのストーリーをご紹介します。

今回は、インストラクター養成講座の効果的な支援策です!

大阪府 田渕さん

田渕さんも、食事療法のモニターである福留さん同様、2017年9月の大阪会場で行ったベーシック講座に来てくださった受講生の1人です。

田渕さんは、浜田悦子先生の効果的な支援策のインストラクター養成講座を受講。

その後、

平日は普通のお仕事をされているので、土日を利用してベーシック講座【効果的な支援策】を開講してもらいました。

まずは、お友達に!
(向かって右が田渕さんです)

『インストラクター養成講座を受講したら、大人数の前で授業をやらないといけないの?』と思う方も多いようですが、マンツーマンだっていいのですよ。

 

田渕さんのように、
仕事を持っている普通のお母さんも、

こうやって自分のペースでできることもあるのです。

それでは、インストラクター養成講座を受講し、ベーシック講座を開講した田渕さんにお話を伺いました。

インタビュー

Q1,インストラクター養成講座を受講してみようと思ったきっかけは?

私がインストラクターを目指したのは、去年受けたベーシックコースで様々な講義を受けて、グレーゾーンとか診断有りとか、そんな違いは大したことない!と考え方が変わった経験が大きいと思います。

うちの子達は、診断がつかないいわゆる”グレーゾーン”です。

公的な支援を受けられないばかりか、学校でもなかなか理解を求めても通じないもどかしさを感じていました。

色々な本を読んだり、
ネットで情報を集めていましたが、

うちの子達は、それぞれ個性が強くて情報にピッタリ合うことがないことが、さらに私のストレスを増やしていきました。

きっと当時の私は、

『こういうときにはこうする。』とかの、
ハウツーものを求めていたのだと思います。

でもこの発達凸凹アカデミーの講座を受けて、

素人だけど、

『私が子供たちの一番の療育者になればいいやん!』という”答え”というか、”目指すもの”を見つけられたのです。

 

『私でいいんや~』

 

これは、
とてつもない安心感でした。

誰かに助けてほしくて、
でも誰に助けを求めたらいいのかわからず、

どこに行っても相手にしてもらえなかった寂しさや悲しさや不安は、

グレーゾーンママあるあるだけでなく、
どの発達凸凹ママにも、

多かれ少なかれ、あるのかもしれません。

 

そんなママ達に、

『あなたでいいんだよ』と伝えるお手伝いができるのであればと、

インストラクターの養成講座を受けることに、踏み切りました。

カウンセリング講座

Q2,インストラクター養成講座を受けてみて、ベーシック講座で学んだ時と、どのような違いがありましたか?

ただ自分のために聞いて納得するのと、
伝えるために聞くのとでは、

やはり違いがありました!

ベーシックの時は、
うちの子に当てはまったり、日頃悩んでいることは理解が早かったのですが、

インストラクターの講義は、

すべてにおいて理解をしなくてはいけないので、

帰ってからも動画を何度も見たり、
本を読んだりして、

勉強の毎日でした。

 

Q3,自分がベーシック講座を開講するにあたって、一番困ったこと、悩んだことはどのようなことでしたか?

不安はズバリ2つ。

ひとつめは私がフツーの主婦で、自分の子供達しか知らないこと。
(他の子供さんがどんな風なのかは、実際にわからないこと。)

もうひとつは、どうやったら困っているママたちに出会えるかです。

療育も行っていない、
公的支援もないなか、

発達凸凹ママに来てもらうにはどうしたらいいのか?全くわかりません。

 

この部分に関しては、まだ田渕さんは受講していない2日目の集客講座で学べます

 

Q4,実際に開講してみて、どうでしたか?

実際に開催したのは一人だったので、

ワークは相手の話を聞くに集中してみました。

すると、

色々なエピソードが次から次へと出てきて、
とても充実した濃い時間を過ごしました。

やはり、

一方的に説明するよりも、
”こちらが聞く側が多い”ほうがいいな!と感じました。

Q5,この先、どんな活動をしていきたいと思いますか?

講師といっても、まだまだ勉強をしなくてはいけないんだろうなぁ・・と、漠然とですが感じています。

Q1でも書かせてもらいましたが、

以前の私のように一人で全てを抱えて孤独なママに、

まずは私から発信していく中で出逢えるように、
私自身が自分を出していくことに挑戦していきたいです。

そして、

あなたはあなたでいいんだよ^^と伝えられる、

感じてもらえる講師になっていきたいです。

 

田渕さんが受講した【子どもの発達アドバイザー ベーシック講座(効果的な支援策)】を開講できる講座は、

【子どもの発達インストラクター養成講座(効果的な支援策)】です。

集客や講師としてのスキルも同時に学べるので、経験が無い方もご安心ください!

子どもの発達インストラクター養成講座(効果的な支援策)