ママがママを支えていく

子どもの発達
インストラクター
養 成 講 座

第3期生 2020年9月スタート

子どもの発達インストラクターは、
発達障害やグレーゾーンの子育てに
悩みを抱えるママたちの助けになりながら、
自分の子育てへの自信と収入を得られる資格です。

子どもの発達インストラクター
になると

merit1

役に立てた!という喜びが得られる

全部で3種類ある「子どもの発達支援講座」(効果的な支援策・偏食と食事療法・子どもの発達と環境)を自分で開けるようになります。どれも講師がママ目線で考えた、家庭で無理なく実践できる内容です。受講生に「知ることができて、本当によかったです」と感謝の声を直接もらえるので、自分の経験が困っている方の役に立てた!という達成感と充実感が得られます。

merit2

自分も子どもも、楽になれる

講座を開くために学ぶ内容は発達凸凹子育ての「なんでこうなの?」「どうすればいいの?」をたくさんの事例と、様々な視点から学ぶので、自分で答えが出せるようになります。癇癪を起こしたり、学校へ行きたくない!と言われても、自分の中の引き出しから冷静に対処法を探し出せるので、どんな時もブレない自分でいられます。
もう怒ってばかりの自分を責めることもなく、ママも子どもも今よりもっと楽になります。

merit3

自宅にいながら、
スマホだけで仕事ができる

インストラクターになって開ける講座は1日たったの3時間。スマホからでもオンライン開講ができるので、子どもが家にいても自宅で仕事ができます。ITのスペシャストからオンラインで講座を開くための方法も学べるので、パソコンが苦手な方も安心です。

子どもの発達インストラクター養成講座の
先行案内を希望する

子どもの発達インストラクター1期生 インタビューINTERVIEW

1期生 塚越美樹さん

息子の行動や言動に困っていた時に一番効果があったのが「効果的な支援策」でした。子どもと一緒にいて「疲れる」と思うことやイライラすることが減り、いろんなことが楽しめるようになったんです。

こういった学びって今度はそれを「一生懸命にやらなければいけない!」と思ってしまいがちだけど「できる時にできることからやればいいんですよ」というのを伝えたくて、インストラクターになりました。普段からいっぱい頑張ってるママたちに「1人じゃないよ」を伝えたかったんです。

初めて講座を開いた時は、「初めて会う人にどんな質問をされるのか?」「答えられない難しいことを言われたらどうしよう・・」「パワポも使えない・・」不安や心配は尽きなかったです^^;

でも、模擬講座を見たり、何度も確認作業をすることで、安心できました。準備をしておくことで「なんとかなるさ」と思えるようになりました。パワポやプロジェクターなどは、諦めてプリントしました(笑)

実際始まってみると、自分の準備していた思い通りにはいかなかったけど、その場で対応できたし、話をたくさん聞けたことはとてもよかったです。達成感や、講座で伝えたかったことが伝わった実感があり、とても嬉しかったです!何度やっても緊張がなくなることはないと思いますが、それでもまたやりたい!と思います。

本当に初めは緊張でどうしようかと思いました(汗)
でも、受講生さんがわたしをインストラクターにしてくれたんだなぁと思います。

1期生 藤田英子さん

子どもは姉弟2人とも、小学校の支援学級に通っています。

2人の子育ては本当に大変で、最初は自分が子どもたちとどう関わっていいかわからず、困っていました。でも浜田悦子先生の「効果的な支援策」を学んですごく楽になったから、自分も伝えたい!と思いインストラクターになりました。

「効果的な支援策」では、「How」(具体的にどのように対処すればいいか)が学べました。それまでも様々な子育ての手法について学んできましたが、悦子さんの講座はすごくシンプルなんだけど、大切なことが凝縮されていて、とにかくわかりやすかったんです。

一時的な、その場しのぎの対処法ではなく、長いスパンで見た子育てに重要な要素がたくさんつまっていました。

初めてインストラクターとして講座を開いた時はすごく緊張したし、冬休み明けに講座を設定してしまったので年末年始、1人で準備する時間も取れず大変でした。もっと考えて日程を設定すればよかったです(笑)でも、2回目はぜんぜん怖くなく楽しめました。

実際講座を開いてみて、診断の有無や、グレーゾーン、定型発達とか関係なく、どんなお子さんにも使える内容だと実感しました。これからは「効果的な支援策」を広めつつ、ママの心の在り方、マインドを整えていく部分も伝えていきたい。コーチングの勉強もしているので、マンツーマンのセッションもしながらトータルでサポートできるようになりたいです。

もしいま、子育ての辛い時期だったとしても、必ず光が見えてくる時があります。
必ず変わるから、大丈夫。子どももママも楽になれる、発達凸凹アカデミーのような場所をもっと活用してほしいです!

発達凸凹アカデミーとは?

2017年に「ママがママを支えていく」をコンセプトに発達障害、
グレーゾーンのお子様を持つ親御さんのための学びの場としてスタートしました。
「効果的な支援策」・「偏食と食事療法」・「子どもの発達と環境」という3つの柱をベースとし、
現在までに全国各地でのべ500名以上の方が学んでいます。
2018年インストラクター養成講座をスタートし、
1期生・2期生合わせて全国各地84名のインストラクターが誕生しました。

Message主催者からのメッセージ

誰かを幸せにすることは、自分も幸せになるということ。
そしてその輪は、自然とその子どもたちに広がります。

はじめまして!発達凸凹アカデミー主催 株式会社F-creation 代表の伊藤真穂です。

次男の発達に遅れがあると気づいたのは、息子が3歳のころでした。当時は今ほどネットの情報もなく、先の見えない不安と焦りでいっぱいの毎日でした。「きっと自分と同じ思いをしている方がたくさんいるはず!」そう思い、2013年よりママたちの学びと交流の場をスタート。2017年にはママたちの活躍の場を広げたいという思いから「発達凸凹アカデミー」を設立しました。
私がこの活動をしていく中で、ずっと大切にしているのは徹底的なママ目線です。
発達障害に関する資格や学びの機会は数多くありますが、どんなに学術的で論理的な知識をもっていたとしても、目の前でひっくり返る子どもを前に対処するのは母親です。
「現場で役に立つかどうか?」
「ママが無理なくできるかどうか?」
「ママと子どもに寄り添っているかどうか?」
そこだけを考えて続けてきた活動の集大成の1つが、このインストラクター養成講座です。
少子化でありながら、特別支援学級に通う子どもの数はこの10年で2倍、通級は20年間で7倍増えています。
全国には、まだまだ1人で悩みを抱えているママと、困っている子どもたちがたくさんいます。
そんなママたちに今すぐ必要なのは、
「正しい知識によって得られる子育てへの自信」と
「話を聞いてくれる人がいるという安心感」
だと感じています。
最初は「私たちで全国各地を回って伝えていこう!」としていました。
でも、それでは間に合わない!と思ってインストラクター制度を作ったのが2年前です。
皆さん1人1人の力が、必要です。
誰かを幸せにすることは、自分も幸せになるということ。そしてその輪は、自然とその子どもたちに広がります。
私たちと一緒に、そんな幸せの連鎖をつくっていきませんか?

1期生、2期生のご感想

息子と私の取扱説明書かと思うほど、分かりやすく的確に、発達凸凹児者の特徴や困り事、その対応策についてまとめて知ることができ、目からウロコの連続でした。
今まで、いくつかの発達障害児に関する勉強会に参加してきましたが、こんなに分かりやすく、実践的な内容を知ることが出来る講座は初めてです。

苦手なことは努力させればいつか出来るようになると思っていて、子供には、あなたは人の10倍努力しなければ追い付かないのだから、頑張りなさいと言っていました。
また、早くしなさい、などの抽象的な言葉がけばかりして、出来ない子供を怒っていました。本当に恐ろしいことだと思いました。実際に、子供は自己否定しはじめていて、今まで本当にかわいそうなことをしたと思っています。
今からでも遅いということはなく、私自身が子供との関わり方を変えることで、親子共に生き易くなると感じました。(受講後)この数日間だけでも、我が家は変わりはじめています。
アカデミーの、やれる範囲で無理のない範囲でやるという考え方が、8日間通して大変心地よく感じました。私も講座を開くことになったら、この心地よい雰囲気を感じてもらえるようなインストラクターになりたいです。

もっとはやく、こどもが小さいうちに知っていたかった!と本当に思いました。

まだまだ家で出来ること、いっぱいあるなと感じました。
そして、皆さんそれぞれ悩み、でも学んで実践している姿を見せていただき、とても励みになりました。私自身も一進一退しながら、学び実践しママたちにお伝えしていきたいと感じました。
私は元小学校介助員ですが、どの内容ももっと早く知っていればと思うことでした。小学校で今まで対処してきたことのなかに、少し違った、足りなかったということが多かったと思います。子どもを犯罪者にしないサポートを、多くの人に伝えていきたいと思いました。

インストラクター養成講座とは?

子どもの発達支援講座「効果的な支援策」「偏食と食事療法」「子どもの発達と環境」の内容をさらに深め、先生になるための「集客と講師スキル」を同時に学べる講座です。
目的や予算に合わせて、学ぶ内容は選択することができます。

インストラクター養成講座5つの特徴

Point1

全国どこからでも学べる
オンライン受講

会場は東京ですが、録画のビデオ受講ができるためご自宅からパソコン、スマホ、タブレットで受講が可能です。これまでの約7割の方がビデオ受講でしたが「自宅にいながら自分の都合のいい時に受講できてラッキーでした!」との声が届いています。

※今期はすべてオンライン受講になる可能性有り

Point2

講座終了後の充実したサポート

「講座が終わってからがスタート!」をモットーに、交流会や、格安で学べる勉強会、いつでも質問ができる場も用意。メイン講師が全国各地をまわり、地方のインストラクターに直接会う機会も作っているので、取得した資格を無駄にせず、知識を身につける以上の充実感が得られます。

Point3

目的や予算に合わせて
講座を選択可能

3つのメイン講座(効果的な支援策、偏食と食事療法、子どもの発達と環境)は選択制です。自分が学びたい、開講したいと思う講座を選べるので無理のない受講が可能です。

※今期はすべてオンライン受講になる可能性有り

Point4

講師未経験でも安心の
集客や講師スキル講座付き

発達障害に関する知識だけでなく、インストラクターとして収入を得るための集客や講師スキルについて、プロフェッショナルな知識を学ぶことができるので、講師未経験の方でも安心です。

Point5

受講生同士がつながりやすい
環境作り

一緒に受ける受講者は、北海道から沖縄まで全国各地です。オンラインで繋がれるツールを活用したり、各地で交流会を行うことで受講生同士が無理なくつながれる環境があります。1人では実現できないことも、仲間と一緒に支え合いながら踏み出せます。

講座内容

効果的な支援策

おうち療育アドバイザー浜田悦子

プロフィール
元発達支援センター指導員”で”自閉症スペクトラムの息子の母”という2つの経験を生かし、同じ悩みを持つお母様方に、家庭でできる療育アドバイスやカウンセリングを行っている。2,000人以上の発達障害の子どもの指導、600人以上のママたちの相談経験から数多くの事例を持つ。

子どもの困った行動に悩んでいるママが、自分自身で解決できるようになる講座です。

1日目
  • 問題行動と原因
  • 問題行動の現れ方
  • 刺激と過敏(鈍麻)を知る
  • 特性について
  • 発達障害の子どもが感じていること
  • 二次障害の定義と対処法
2日目
  • 刺激と過敏は関わり合っている
  • ABCメソッド(ABA:応用行動分析)
  • スモールステップの概念
  • 読み・書き・聞く・記憶につまずきがあったら?
  • 幸せな大人になれる性教育
  • 子どもが動く!絵カード(視覚支援)基礎知識
  • 発達凸凹の子どものための感情の理解とコントロール
  • 障害告知について考える
3日目
  • 本当に効果がでる!対処法
  • 支援とゴール
  • 事例検討:悩みを解決する
  • こんな時どうすればいい? 質問の聞き方・答え方
  • アカデミーの先生としての5つのポイント
  • よくあるお悩みと解決の視点

ご感想

  • 「今回の講座を受け、今までかなり間違った対応をしていたことに気づくことができました。例えば、スケジュール表にしても、母親サイドから、これをやってほしいという要求から作っていたので、なかなかうまくいかなかったのですが、講座を受け、作成時の注意点を参考にして作ると、びっくりするくらい自発的な行動を引き出すことができました。
    やはり何となく聞きかじったことを、何となくやってみるのではなく、それをすることの意味をしっかり理解した上で、利用しないと効果がでないのですね。
    またこれまで共感をしながら、つい余計な励ましをしていたことにも気づくことができました。
    講座を受ける度に、知識も増えていくのですが、何より気づくことができるようになり、とても貴重な体験となっています。」
  • 「3日間を通して、改めて気づく事がたくさんありました。
    今まで、流れと感覚で事後対処ばかりしていたので、 子供を観察して、事前対処を考えようと思いました。
    また、凸凹子育ての仲間がこんなにたくさんいることに感動しました。
    今まで幼稚園でも肩身が狭く、 本当に相談できる仲間に出会えず苦しかったです。 同じ凸凹子育てをされているママたちが、またママをサポートするという素晴らしい講座を作っていただき、全国から集まり出会うことができて、励みになり本当に嬉しいです。」
  • 「今回、効果的な支援策のお話を聞いて、このお話は発達凸凹をもつお子さんのご家族が少しでも早い段階で知ることが出来ると、どんなに良いだろうと思いました。子供たち、ご家族の日々の生活に役立てるたくさんの事が詰まった講座だと感じました。」
  • 「2日目の内容は性教育や障がい告知など、盛りだくさんでかつ重要な部分が多く、濃いものになっていました。
    どれもそれぞれが大切な内容でしたが、支援の根本にあるものは子供をよく観察することだと思いました。
    観察する視点が間違っていると適切なかかわりが持てず、一方通行の思い込みや間違った共感につながってしまう。 そうならないための視点や声掛けを学べました。
    絵カードのお話。 【まずは3枚くらい作る。そうじゃないとうまくいかないから。 】には、まるで自分のことを言われているかのようでした。」
  • 「2会場、ビデオを通して、子どもとの信頼関係、共感。そして凸凹子育ての仲間と出会えたことが一番の宝です。 子どもの成長と共にこれまでもいろいろ遣ってきたつもりですが、悦子先生の話をきき、まだまだできることもあるなあと、前向きになりました。
    ありがとうございます。」

偏食と食事療法

発達障害専門管理栄養士小林浩子

プロフィール
自閉症スペクトラムの娘、アスペルガー症候群の息子を育てている母である。
娘の超偏食で、精神的にとても苦労した経験から、同じようにお悩みのお母様のお役に立ちたいと、活動をスタート。発達障害のための料理教室、成人の発達障害のための栄養講座、自立のための料理の視覚支援など、発達障害専門の管理栄養士として、広く活躍している。著書「食事を変えてラクラク解決!脱うつレシピ」(三空出版)

食べないという悩みを解決しつつ、食事という面から子どもの発達をサポートしていく講座です。

1日目
  • 発達障害の食事療法とは
  • 食事療法の効果
  • なぜ食事療法なのか
  • 食事療法の基本の流れ
2日目
  • 必要な栄養素を足す
  • 今日からできること
  • 偏食とは
  • 発達障害の偏食とは
  • 偏食の悩みの渦
3日目
  • 子どもの偏食との向き合い方
  • 子どもの食べない原因
  • 偏食対応の工夫
  • 周囲への対応について
  • 医師に相談する目安

ご感想

  • 「食事療法はやっていたとしても、病院で検査結果に合わせての食事内容やサプリなので、必死に食べさせていた感じでした。
    この講座では、改めて食事療法もいいと思えるし納得して聞くことができ、自分やってきたことが間違っていなかったと思い、少し自信が持てました。
    しばらく、ゆるゆるでやってきましたが少し気にかけて、またやってみようと思いました。」
  • 「今までも、添加物の話やグルテンフリーの話を多少聞いたことがありますが、どの先生も脅しというか…食べたらヤバイ!みたいな感じではじめたら最後、抜け出せなくなりそう…とあえて取り組まない!という気分になっていたのですが、今回はできることから少しずつやってみようかなー?と思えて、この講座は自分で開催するのは無理かな?と思っていたのに、こんな風に思わせてあげられるなら是非開催したい!と思えました。」
  • 「食べない原因を知るだけでなく、食べない事例に対しどう対応したかを知れると、対応=ワガママに育つのではないと安心に繋がります。
    食事を合わせていくことは、勇気も必要で、対応していくと子どもに振り回させるのではないかと、食べるため以前の、しつけを考えてしまってました。
    発達凸凹アカデミーの食事療法は、子どものためのだけでなく、ママのための安心できる講座ですね。」

集客

アメブロ集客専門家櫻井のりえ

プロフィール
2014年に事務・ブログ管理として起業後、アメブロとFacebookのみを使い、講座・コンサル開始。受講者は約3年間でのべ500人。アメブロで集客するための導線の作り方、記事の書き方に定評があり、イベント開催・招致イベントでも、200名以上を集客。初心者にもわかりやすいアメブロ活用方法の解説が人気。
  • アメブロとは
  • アメブロを集客にお勧めする7つの理由
  • アメブロと SNS との違い
  • アメブロが読まれる仕組み
  • アメブロ集客でやるべきこと
  • アメブロを整える
  • ブログ記事を書き方
  • お申込みフォームの作り方

ご感想

  • 「今までブログは読む一方で、自分から発信していこうと思った事がありませんでした。しかし櫻井先生の講座を受講してみて、自分から発信していく事も楽しそうだし、世界が広がりそうな気がしました。」
  • 「集客方法、お申し込みフォームの作成の仕方など、自分一人ではどうして良いのやら…と思っておりました所、今回大変わかりやすく教えて頂けたので、チャレンジしてみようかなと思う事が出来ました。ただ、長く続けられるかどうかは今のところ少し自信がありません。自分を追い込まず、ゆるーくやっていこうと思います。」
  • 「アメブロは読むのみで初めて書くことについて学びました。とても分かりやすくて、何をやったらいいか、やってはいけないかが絞られていてよかったです!早速開設できました!まだ要領はつかめませんが、とりあえず書いてみるという言葉を励みにやってみたいと思います!」
  • 「まだ集客というところまではいきませんが、講座開設できるよう頑張っていきたいと思います!」

講師スキル

発達凸凹アカデミー主催伊藤真穂

プロフィール
特別支援学級に通う小4次男の発達障害をきっかけに、2014年同じ悩みを持つママたちの学びと交流の場作りをスタート。ママたちの「支援がしたい!」という思いを実現するため2017年資格取得スクール「発達凸凹アカデミー」を設立。
株式会社F creation代表取締役として女性個人事業主のWeb集客支援も行う。アカデミーでは長年のパソコン講師経験を活かし講師スキルを担当。
  • 発達障害・グレーゾーンの子供たちとママを取り巻く現状
  • 講座開講までの流れと準備物
  • 講座開講基本事項
  • インストラクター専用ページ
  • インストラクターサポート会
  • 模擬座談会
  • 各講座のゴールと進め方とポイント
  • 先輩インストラクターより
  • アカデミーの講師として
  • こんな時、どうする?質問への対応方法

ご感想

  • 「お子さんのために何とかしたいが本当の始まりであること、この原点が素晴らしく、そしてそこから同じ思いのママ達のためにつながりを大事に歩んでこられた道のりは正に、私からすると、夢物語のようで、その発想と行動力には驚くとともにワクワクと心弾む思いになりました。「何とかしたい!」というママの思いから、これだけの事が出来るんだということに感動し、そしてその一端を担えるかもしれないと思うと心が震えました。」
  • 「インストラクターというよりは、発達凸凹の母として受講している気持ちが大きかったので、最後の講座で今後の進め方を聞いたときにようやく気持ちの切り替えができました。インストラクターを受講したい思い願いを伝えるために、これから準備をすることが多くてできるのだろうかと不安になりましたが、発達凸凹アカデミーの「ママが無理なくできること」という特徴を聞いたとき、焦らず安心して私にもできると励まされた気がします。」
  • 「これまで7回の講座を受けたものの、自分が講師になるイメージがなかなか湧いてきませんでした。講師というとしっかりしていなければならない印象があり、ハードルが高いなと思っていました。しかし今回の講座を受講し、そのままの自分で良いという言葉を聞き非常に勇気づけられました。
    またアメブロ集客に関しても自信がなく思っていましたが、出来ないならアナログ集客でも良いとの事でほっとしました」
  • 「アカデミーの、やれる範囲で無理のない範囲でやるという考え方が、8日間通して大変心地よく感じました。私も講座を開くことになったら、この心地よい雰囲気を感じてもらえるようなインストラクターになりたいです。」
  • 「インストラクターとして活動していく上で、不安だったり、心配なところの答えになっている内容でした。」
  • 「悦子先生の模擬座談会とてもわかりやすく、対応も勉強になりました。
    1期生さんたちのお話もとてもリアルで参考になりました。」
  • 「インストラクターとしての心構えの話が随所にあり、本当にためになりました。
    発達凸凹アカデミーが出来るまでの話も興味深く、頑張っていこうという気持ちになりました。」

募集要項

日程 2020年9月〜11月(決定次第お知らせします)
受講方法 会場受講(渋谷)又はビデオ受講
※状況によってはすべてオンラインでの開催になる場合があります
募集開始 2020年6月

講座

選択講座 各講座 1日3時間 ✕ 3日間
・効果的な支援策(浜田悦子)
・偏食と食事療法(小林浩子)
・子どもの発達と環境(川手美香)
必須講座 各講座 1日3時間
・集客(櫻井のりえ)
・講師スキル(伊藤真穂)
例01「効果的な支援策」と「偏食と食事療法」を選択した場合
効果的な支援策 3日間
偏食と食事療法 3日間
集客と講師スキル 2日間
合計 8日間(全24時間)
例02「効果的な支援策」のみの場合
効果的な支援策 3日間
集客と講師スキル 2日間
合計 5日間(全15時間)
例03全て受講した場合
効果的な支援策 3日間
偏食と食事療法 3日間
子どもの発達と環境 3日間
集客と講師スキル 2日間
合計 11日間(全33時間)

受講料 160,000円〜(税別)

選択講座
1講座 160,000円(税込176,000円)
2講座 240,000円(税込264,000円)
3講座 320,000円→260,000円(税込286,000円)
〈早割〉7月末までにお申込みいただいた方は税額分(10%)OFF

お支払い方法

銀行振込(分割払い可能)又はクレジットカード

模擬授業を動画で体験できます!

よくある質問

人に教えたことや、講師としての経験が全くないのですが、それでも大丈夫ですか?
大丈夫です!ほとんどの方が講師経験ゼロからのスタートです。しっかりとサポートしますのでご安心ください。
ブログをやったことがありません。それでも集客講座を受講していいですか?
大丈夫です!1期生も、この講座をきっかけにブログを開設した方がたくさんいました。慣れるまでは何を書くかもわかりませんが、そのあたりも講座でしっかりとお伝えしていきます。
家庭の事情で顔や名前を出したくありません。それでもブログで集客は可能ですか?
顔出しNGでお仕事されている方は、たくさんいらっしゃいます。お名前はニックネームにしたり、顔写真をイラストにするなど工夫する方法はたくさんありますので、ご安心ください。
「子どもの発達支援講座」を受講していませんが、大丈夫ですか?
大丈夫です!模擬授業がビデオで見られます。実際にどのような時間配分で講座を進めるかのタイムラインや、メイン講師が使っているパワーポイントデータをお渡ししています。
パソコンが苦手です。PowerPointが使えない場合はどうすればいいですか?
必ずしもPowerPointを使って講義をする必要はありません。ノートパソコンがないインストラクターは印刷して、紙芝居のように使って説明しています。
皆さん、どんな会場で講座を開いているんですか?何人ぐらいですか?
マンツーマンで教えている方もいます。最初は2〜3人ぐらいがたくさんお話も聞けるのでベストです。近所のカフェや公民館などの会議室、レンタルスペース、自宅など、3時間なので様々な場所で開催可能です。Zoomを使ったオンラン開催も可能です。
次回の開催はいつになりますか?
インストラクター養成講座は1年に一度なので次回4期生は2021年9月開講となります。
会場受講を希望しますが、日によって行けない日もあります。ビデオ受講と組み合わせて受講が可能ですか?
可能です。お申込みの際に、日程ごとに会場受講かビデオ受講かを選択できます。※新型コロナウィルスの影響により今期はすべてオンラインでの受講(録画あり)になる可能性がございます。
急な仕事や子どもの都合で受講ができなくなったら?
ビデオ受講に切り替えが可能です。すべての講座は録画があるのでご安心ください。※新型コロナウィルスの影響により今期はすべてオンラインでの受講になる可能性がございます。
ビデオ受講はどのように閲覧できますか?
YoutubeなのでインターネットがつながっているスマホやPC,タブレットでの受講が可能です。ご希望の方はDVDの郵送も可能です。
支払い方法にはどんなものがありますか?
銀行振込(住信SBIネット銀行)とクレジット決済(Paypal)があります。
クレジット決済のPaypalとはなんですか?
ペイパルは、世界で2億5000万人以上が利用するかんたん安全な決済・送金・送金リクエストサービスです。クレジットカードやデビットカード、銀行口座をペイパルアカウントに登録。個人情報は相手に伝えないので安心です。
会場受講で申込みましたが、ビデオ受講に変えることは可能ですか?
可能です。※新型コロナウィルスの影響により今期はすべてオンラインでの受講になる可能性がございます。
ビデオ受講の場合、テキストはどうなりますか?
講座当日までにご自宅に郵送します。※新型コロナウィルスの影響により今期はすべてオンラインでの受講になる可能性がございます。
インストラクターとしての資格取得のためのテストや課題はありますか?
課題を提出していただきます。(提出期限は講座終了後、2〜4週間以内)
インストラクターとしての修了証はいつごろ届きますか?
メイン講座終了後、課題を提出された方に随時送付します。

次回 3期生は 2020年9月下旬スタートです。
3期生の受付開始は2020年の5〜6月ごろを予定しています。
全国各地での無料説明会の日程など、先行案内をご希望の方はこちらからご登録ください。