子どもの発達支援講座 無料体験

発達凸凹アカデミーの3つの柱である「効果的な支援策」「食事療法」「タッチ&アロマケア」。

それぞれ1講座3時間の講座ですが、冒頭10分間の動画を無料で見ることができます。

講座内容

動画1「効果的な支援策」

よくある日常の困り事の原因から対処法まで、2,000名以上の発達障害の子どもたちをみてきた、おうち療育アドバイザーの浜田悦子先生が、ママが家庭で取り入れやすいようにアレンジして伝える、本当に効く支援方法をまとめています。

体験講座では冒頭の10分「問題行動の原因について」の部分が受講可能です。

かんしゃく、パニック、脱走、離席、他害、こだわり・・・

これらの行動の原因について解説している非常に重要な部分です。

問題行動

動画2「タッチ&アロマケア」

タッチケアは、何歳からでも効果がある「肌から脳へ」のアプローチ方法です。タッチケアセラピストの藤森史子先生がなぜ発達障害の子どもにいいのか?という部分から論理的に解説し、すぐに使える実技満載の講座です。

体験講座では冒頭の10分「脳と皮膚の関係」と「背中へのタッチ」の部分が受講可能です。

動画3 「食事療法」

発達障害の食事療法というのは、まだあまり聞き慣れない言葉かもしれません。子どもの行動を”体の中”という視点からアプローチしていく療法です。発達凸凹アカデミーでは、ママが無理なく続けられる食事療法を提案しています。

体験講座では、冒頭の10分「食事療法とは?」と「腸と脳の関係」の部分が受講可能です。

食事療法の基本となる非常に重要な部分です!

受講方法

  1. 申し込みフォームよりメールアドレスなどを入力して送信します。
  2. 送信後表示される画面、又は自動返信のメール内にあるURLをクリック。
  3. 3つの動画が並んでいるページが表示されるので、見たい講座からご自由にみてください。
視聴にあたって
動画はYoutubeを利用して閲覧します。Wifi環境でご覧になることをおすすめします。

今すぐ真似できる事例集 無料プレゼント

この事例集は、発達凸凹アカデミーのベーシック講座を受講した皆さまに

  • どんな悩みあったのか?
  • 学んだことを活かして、自宅で何をやってみたか?
  • やってみて、子どもにどんな変化があったのか?

をお聞きしまとめたものです。

かなり細かく書かれているので、皆さんの日常と結びつけることができると思います。

是非参考にしてくださいね!

~毎日が楽しくなったママたちがやってみたこと~

  • 事例1:3歳男の子 イライラした時の自傷行為の回数が減った
  • 事例2:うまくいかない時に、暴言を吐く子が自分から謝った
  • 事例3:食事中の困り事(早く遊びたくて最後まで食べない、なかなか席につかない)が、なくなった
  • 事例4:5歳 男の子 癇癪(かんしゃく)をおこす子どもが、収まった後に自分で考えられるようになった
  • 事例5:奇声・こだわり・首振り・・などの定期的な”癖”が、なくなった
  • 事例6:5歳の男の子 朝の支度が遅い!グズグズする!
  • 事例7:小学校5年生男児 お友達とのトラブルへの対処法
  • 事例8:偏食の娘が朝食を完食!
  • 事例9:朝、スムーズに起きれるようになった
  • 事例10:甘いものがほしくなくなった
  • 事例11:おやつの欲求が減り、アトピーが軽減
  • 事例12:お通じの改善、体が軽い、癇癪が減った
  • 事例13:叱られた日も切り替えができるようになった
  • 事例14:場面緘黙の娘が挨拶できるようになった
  • 事例15:自立歩行できな娘の急成長

ママたちは、いったい何をしたのでしょうか?

具体的な対策事例をご紹介します。真似できることは、たくさんあります。

※ご登録後は定期的にお知らせが届きます。
※プライバシーポリシーについてはこちらから